パソコンでの疲れ目にはブルーライトをカットするメガネがおススメ!

PCに向かい合う時間が長く両眼が疲れて充血している方はたくさんいて、いわば現代病の象徴と言ってもいいかもしれません。

その充血を治す為に点眼薬を使っても、またPC作業をしているとひとみが「ショボショボ」としてきます。

これだと元から解決出来ず、結局は悪循環となってしまいますよね。

実を言うと疲れ目の誘因要素であるパソコンを止めるの事こそが何はさておき健全になる方法なのですが、仕事で使っている方にとっては実現不可能だと思いますので最近主流のパソコンが原因の疲れ目防止策をご紹介します。

数年前ほどから、パソコン仕事をしている方向けに裸眼の負担を軽くする為に作られたメガネが話のタネとなっています。

パソコンからはブルーライトと言う青白い光が発せられていて、長時間浴びていると裸眼に大きな影響を与えます。

裸眼にブルーライトが当たるのを極力カットしてくれるPC用メガネが作られ人気なので一度試しに使ってみて頂きたいです。

ブルーライトをカットするメガネをかけると、裸眼への負担がグッと減り「ショボショボ」にくくなり、充血も起こしにくくなります。

これらのメガネは日ごろからメガネをしている方はもちろん、通常メガネが必要ない方でも使うことが出来ますので長時間パソコンを使用して疲れ目を感じている方は是非使ってみて欲しい商品です。

そして自分自身に合ったメガネをする事が疲れ目の解消には効果的なのも忘れてはいけません。

「ずいぶんと前」に作って、視力調整もせずそのまま変えていない方は、もしかしたら今となってはレンズが合っていない可能性もあります。

きちんとピントが合わないメガネをしていると眼球が疲れやすくなりますので、一度メガネ屋さんに行って視力に合ったレンズを調べ直してもらうと目の疲れも軽減されるかもしれません。

また正しく自分自身の顔立ちに合う様に幅などのサイズ調整してもらう事も忘れないでくださいね。