眼精疲労で起こる症状と原因は?

近ごろ「眼精疲労」になる方が増えてきている様な気がします。眼精疲労とは文字どおり目が疲れている様子の事を指し、頭痛や充血などの徴候が出ます。

少し眼球を使いすぎてショボショボするなと感じたら、眼球を休ませてあげたり睡眠をたっぷり取る事で目の疲れををとってあげましょう。

しかし眼球の疲労が慢性化し眼精疲労と言う徴候になってくると、ただ眼球を休ませても睡眠をとってもなかなか治りにくくなります。

眼精疲労になると充血だにおさまらず、片頭痛、肩のこり、胃のさし込むような痛み、食欲不振、視力のかすみと言った自覚症状が出てくる様になります。

ひどい場合には、両眼に焼け付くような痛みが生じたり、嘔吐感まで出てくる方もいます。

まぶたを開ける事自体、すっきりしない不快な状態になってしまうんです。

ここまでひどくなるとひとみの焦点が合わなくなるので、頑張ってまで何かを見ようとせずにビタミン入りの目薬を使って眼球をゆっくり休める様にして少しずつ回復させていく事が重要です。

眼精疲労になるきっかけとして、目の使い過ぎが挙げられます。携帯電話の画面の見すぎ、PCのスクリーンの見すぎ、スマホやテレビゲームのし過ぎなどは出来るだけ控えるようにした方がいいです。

夢中になる事自体は結構な事ですが、眼球を酷使しすぎない様にリミットを決めたり、眼球を使ったらアフターケアをして、眼精疲労にならないように備えて少しずつ徴候を改善させていきましょう。

そして正しく眼精疲労の要因をしっかり把握して有効なアプローチで治していきましょう。いずれにしろ放っておかない事が最も肝心ですね。